BLOGブログ
IRAKA RENOVATION

メールCONTACT

バーチカルブラインドのメリット・デメリットとは|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

バーチカルブラインドのメリット・デメリットとは

narita takashi
narita takashi
実はメリットの多い、バーチカルブラインドについて

日常生活を送る上でプライバシーの保護や日除けに配慮することが大切です。

近隣住民からの視線や西日などを気にせず、少しでも快適に過ごしたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

プライバシーを保護する方法の1つにカーテン・ブラインドが挙げられます。

人によっては、ルーバーを縦に並べたバーチカルブラインドを用いています。

今回はバーチカルブラインドのメリット・デメリットについて解説するので、カーテンなどを購入する予定がある方は一度チェックしてください。

目次

バーチカルブラインドのメリット

気になるインテリアを見つけたら、どのようなメリットがあるか押さえるのが大事。

バーチカルブラインドのメリットとして、主に以下のものが挙げられます。

・おしゃれな空間を演出

・ホコリが溜まりにくい

・調光を楽に行える

・変形窓に用いることができる

・光の差し込み方が美しい

narita takashi
narita takashi
バーチカルブラインド最大のメリットは汚れにくいことにあると思います。

リノベ・リフォームなどを機にバーチカルブラインドを購入しようと考えている方に向けて各メリットについて取り上げます。

おしゃれな空間を演出

バーチカルブラインドは縦長のシルエットでおしゃれな空間を演出できるのがメリット。

素材や柄の種類も豊富です。

室内のテーマ・コンセプトに応じた素材や柄を選び、空間づくりを進めましょう。

ホコリが溜まりにくい

インテリアを購入する際、ホコリが溜まりやすいかどうかが1つの目安。

バーチカルブラインドはルーバーの向きが縦になっているので、ホコリが溜まりにくいです。

種類によっては洗濯できるのもメリットに挙げられます。

調光を楽に行える

ルーバーを回すことにより、調光を楽に行えるのがバーチカルブラインドのメリット。

電動式を選べば、高い位置に設置された窓の調光も行いやすくなります。

中には、遮光タイプも存在します。

光をしっかり遮りたい場合、遮光タイプのバーチカルブラインドを選んではいかがでしょうか?

変形窓に用いることができる

住宅によっては変形窓が用いられています。

変形窓に合ったカーテンやブラインドが見つからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

バーチカルブラインドは変形窓に用いられるのもメリット。

光の差し込み方が美しい

バーチカルブラインドは光の差し込み方が美しいのもメリットに挙げられます。

narita takashi
narita takashi
ホテルやブラインドはオフィスなどで使われることが多いのでモダンな印象になります。

光がどのように差し込むかにより、室内の雰囲気が大きく変わってきます。

バーチカルブラインドのデメリット

バーチカルブラインドを購入する際、メリットだけでなく、デメリットに配慮することが大事。

どのような点に注意しないといけないかを踏まえた上で購入するかどうか判断しましょう。

主なデメリットは以下の通りです。

・高額なバーチカルブラインドが多い

・音が気になりやすい

・子供やペットの事故に配慮する必要がある

・洗濯しにくい

・ルーバーの角度によっては外からの視線が気になる

ここでは、バーチカルブラインドのデメリットについて説明します。

高額なバーチカルブラインドが多い

バーチカルブラインドは布製のカーテンに比べ、高額な物が多いのがデメリット。

narita takashi
narita takashi
カーテンなどと比べて高額になりやすいです

リノベ・リフォームで室内の雰囲気を大幅に変えたいと感じている方はどのくらいの予算を用意できるか把握することをおすすめします。

音が気になりやすい

風通しの良い場所にバーチカルブラインドを用いると、ルーバーが風に煽られます。

風に煽られた際に生じる音が気になるかもしれません。

narita takashi
narita takashi
風の強い場合は不向きです。

集中して作業を行いたいと感じている方はバーチカルブラインドが風に揺れた際に生じる音に注意してください。

子供やペットの事故に配慮する必要がある

バーチカルブラインドを設置すると、コードに子供やペットが引っかかる可能性があります。

事故が発生するのを防ぐためにも、バトン式または電動式のバーチカルブラインドを取り入れるかどうか検討することをおすすめします。

洗濯しにくい

バーチカルブラインドは洗濯できないタイプが存在する点に注意。

1枚ずつルーバーを外して汚れを落とすのに手間がかかってしまいます。

汚れが目立つルーバーだけ取り替えることにより、メンテナンスの負担を軽減できます。

ルーバーの角度によっては外からの視線が気になる

ルーバーの角度によっては隙間ができるのもデメリット。

外からの視線が気になる場合があります。

センターレース付きのバーチカルブラインドを取り入れ、外からの視線に配慮するのも空間づくりを進める際のポイントです。

インテリア選びについてインテリアコーディネーターに相談するのが大事

どのバーチカルブラインドを選べば良いか分からないなどの悩みがある場合、インテリアコーディネーターが在籍している業者に相談してはいかがでしょうか?

適切なアドバイスを受け、空間づくりを進めることが大切。

リノベ・リフォームで失敗ないためにも、インテリアなどに関する質問内容を整理することをおすすめします。

まとめ

バーチカルブラインドはホコリが溜まりにくい・調光しやすいなどのメリットがあります。

反面、高額なバーチカルブラインドが多いなどのデメリットも存在するため、リノベ・リフォームで室内の雰囲気を変えたい方は注意が必要。

種類も豊富なので、室内に合ったバーチカルブラインドを探してはいかがでしょうか?

 

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

人気の投稿