湘南・平塚のリノベーション iraka iraka special interview

ABOUT US

現在の住宅の多くは30年前後で
スクラップ&ビルドを繰り返しています。
それは古いもの=良くないもの
と捉えられているからです。
とくに石油から作られた多くの建材は古くなると
「劣化品」として扱われます

世界を見渡してみれば100年も受け継がれる住宅
が数多く存在します
そしてその住宅の多くが「本物の素材」
から作られているのです

とは

「いらか」とは
瓦葺きの屋根を表現した言葉

住宅に
「木」や「陶器」「金属」など

本物の素材の持つ雰囲気や
心地よさを感じてもらいたい

そんな想いから名付けました。

INSTAGRAM