BLOGブログ
IRAKA RENOVATION

メールCONTACT

ルイスポールセンのPH5ってどんな照明?!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

室内を明るく照らす照明。
ひとつの照明で室内の雰囲気が大きく変わります。
リノベ・リフォームを進める際、どのような照明を設置するか一度検討することが大切です。

今回はルイスポールセンのPH5について解説するので、

リノベ・リフォームを予定している方は参考にしてください。

narita takashi
narita takashi
北欧の照明の代表格であるPH-5について解説します。

目次

ルイスポールセンとは何か

ルイスポールセンは1874年にデンマークで創業された照明メーカー。
1925年のパリ万博で発表されたパリ・ランプは高い評価を受けています。
PH5をはじめ、PHアーティチョークやPHセプティマ、

VL45ラジオハウスペンダントなど、数多くの照明を手掛けていることで有名です。

ルイスポールセンのPH5とは一体どのような照明なのか

PH5は1958年にポール・へニングセンが開発した照明。

narita takashi
narita takashi
ミッドセンチュリー時代の照明ですね

ペンダントのメインシェードのサイズが直径50cmにちなんでその名が付けられています。
白熱電球の形状やサイズを変える電球メーカーへの挑戦が開発された経緯です。
世界で50万台以上のセールスを記録。

PH5の特徴について

照明を購入する際、どのような特徴があるかを押さえましょう。
PH5の主な特徴は以下の通り。

・電球を包み込むようなデザイン
・温かみのある光を発する
・電球の高さを調整することが可能
・豊富なカラーバリエーション

早速ですが、各特徴について解説します。

電球を包み込むようなデザイン

対数螺旋と呼ばれる独特の曲線をシェードが用いられており、電球を包み込むようにデザインしています。
不快な眩しさを感じにくくしているのがPH5のメリット。
下方向に光を届けることで手元などを明るく照らします。

温かみのある光を発する

赤と青のシェードを用いているのに加え、目の感度の高い黄色から緑にかけての光を抑えることで温かみのある光を発しているのもPH5の特徴です。

電球の高さを調整することが可能

電球の高さを調整できるのも特徴のひとつ。
不快な眩しさを感じている場合、電球を微調整することで眩しさ対策が行えます。

豊富なカラーバリエーション

PH5はカラーバリエーションが豊富です。
自分好みを見つけやすいので、リノベ・リフォームを予定している方はどのような色があるか一度チェックしてください。

PH5を設置する際のポイント

PH5を設置する上で一体どのようなポイントがあるか気になっている方も多いのではないでしょうか?
設置時のポイントとして、以下のものが挙げられます。

narita takashi
narita takashi
よく見かえるのはダイニングの照明で使われている場面です。

・リノベ・リフォームのテーマは何か
・テーブルの高さ
・どのくらいの明るさが必要か
・在庫の有無

ここでは、PH5を設置する際のポイントについて取り上げていきます。

リノベ・リフォームのテーマは何か

リノベ・リフォームのテーマがPH5に適しているかどうか判断したいところ。
テーマやコンセプトにより、設置する照明が変わってきます。
照明のデザインや色は室内の雰囲気に大きく関わります。
リノベ・リフォームのテーマを明確にした上で照明を決めることが大事。

テーブルの高さ

使用しているテーブルの高さがどのくらいか意識しましょう。
手作業を行いやすくするためにも、手元を十分に照らすことが重要です。
テーブル面から照明の下端まで60~65cmくらいの高さが目安。
眩しいけど、手元が暗い状態を避けてください。

どのくらいの明るさが必要か

どのくらいの明るさが必要なのかもリノベ・リフォームを進める上でポイントになってきます。
部屋の広さで必要な明るさが変わります。
PH5の実物を見る機会がある場合、明るさを確かめ、設置するかどうか判断したいところ。

在庫の有無

店舗により、PH5の在庫が異なるので注意しましょう。
色によっては売り切れている可能性があるかもしれません。
中古を購入する場合は写真や説明文をチェックし、どのような状態なのかを把握した上で購入するかどうかの判断が必要です。

照明について業者に相談するのが大事

PH5などの照明を新たに設置する際、信頼できる業者に相談することをおすすめします。
壁紙や家具、小物などとの相性を踏まえ、設置するかどうかはもちろん、どの色にするか検討するのが重要。

最後に、業者選びのポイントについて解説するので、リノベ・リフォームを予定している方は一度チェックしてください。

インテリアコーディネーターなどのスタッフが在籍しているか

業者に一体どのようなスタッフが在籍しているかをチェックし、依頼するかどうか判断したいところ。
インテリアコーディネーターやデザイナーが在籍しているケースも存在します。
理想の空間づくりには、センスも求められます。

家具選びに同行するか

家具選びに同行するかも決め手のひとつ。
照明や家具について適切なアドバイスを受け、リノベ・リフォームを進めましょう。

どのような実績があるか

過去の施工実績から一体どのようなリノベ・リフォームに携わっているか把握することも重要。
さまざまな賞を受賞しているかどうかもチェックするポイントです。

見積もり内容が分かりやすいか

施工内容が見積書に分かりやすく記載されているかどうかも依頼する決め手に挙げられます。
見積書で曖昧な部分がある際は業者に質問し、疑問を解消するのが大事。
疑問をそのままにしておくと、後でトラブルに発展する恐れがあります。

まとめ

ルイスポールセンのPH5は長年にわたって多くの方に愛され続けている照明です。
温かみのある光が手元を照らすだけでなく、カラーバリエーションが豊富なのも魅力。
リノベ・リフォームを成功させるためにも、テーマやコンセプトがPH5のデザインや色に合っているかどうか検討してください。

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

人気の投稿