BLOGブログ
IRAKA RENOVATION

メールCONTACT

リノベのプロから見た
藤沢市で1000万円以下でマンションリノベーションをするコツとは?!

藤沢市や湘南エリアでリノベーション業者を選ぶには?!

藤沢市を中心とした湘南エリアでリノベーションを予定している方も多いのではないでしょうか?
納得のいくリノベーションにするためには、業者選びが重要になってきます。
何も考えずに選んでしまうと、後で大きなトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

narita takashi
narita takashi
テレワークなどの在宅勤務が増えたことで海沿いエリアは特に人気が高まっています

業者選びを行うためには、ポイントをいくつか押さえておきたいところ。
今回は藤沢市を中心とした湘南エリアの特徴に加え、リノベーション業者を選ぶ際のポイントについて解説させて頂きます。

目次

藤沢市の特徴

藤沢市(ふじさわし)は、神奈川県の湘南地域東部に位置する。湘南地域の最東端に位置し、横浜地域及び横須賀地域に接する。

 

1940年市制施行。保健所政令市に指定されている。

住宅・観光・産業・文教都市、景観行政団体。

湘南地域の最東端に位置し、全国的に有名な江の島(江ノ島)、

片瀬・鵠沼・辻堂海岸を有し観光都市としての性格も併せ持つ。

湘南海岸の温暖且つ穏やかな気候を求める人々やサーフィンなどマリンスポーツ愛好者など、

良好な自然・住・教育環境を求める人等により第二次世界大戦前より人口が増加し続けている。

東京・横浜のベッドタウンとしての性質が強く、

湘南地域の他市よりも海から遠い内陸部の人口比率が高く、

人口は湘南地域最多の約44.1万人となっている。

江戸時代には鎌倉仏教の一つである時宗総本山である清浄光寺(遊行寺)の門前町として、

東海道の6番目の宿場町である藤沢宿、

また江ノ島詣の足場として栄え、そ

の姿は歌川広重の東海道五十三次にも描かれている。

 

第二次世界大戦後は東京のベッドタウン化が進み人口が急増すると共に、

JR(東海道線〈湘南新宿ライン・上野東京ライン〉)、

小田急(江ノ島線)、江ノ電の3つの鉄道が集まる藤沢駅を中心に商業施設が集積している。

また、慶應義塾大学(湘南藤沢キャンパス(SFC))をはじめ、

湘南工科大学(湘南キャンパス)、多摩大学(湘南キャンパス)、

日本大学(湘南キャンパス)を有する文教都市でもある。

 

市の南部に位置する鵠沼海岸は、

古くより海水浴場が開かれ、

現在は片瀬西浜・鵠沼海水浴場として年間来客数300万人を超す日本一の海水浴場として知られ、

日本におけるサーフィン(諸説あり)・ビーチバレー発祥の地である。

片瀬東浜海水浴場は、明治初期から外国人による海水浴が行われた伝統を持つ。

また、江の島は源頼朝祈願により祀られた江ノ島弁財天の参詣地として賑わい、

1964年開催の東京オリンピックではヨット競技会場(湘南港)に選ばれ、

また、2021年開催の東京オリンピックでもセーリング競技が開催された。

現在でも夏季や初詣時期以外においても年間を通じ約1,200万人もの観光客を集める湘南随一の観光地である。市の海岸部(片瀬・鵠沼・辻堂海岸、江の島)はヨット、サーフィン、ボードセーリング、ビーチバレー等マリンスポーツ、海水浴、釣り、ビーチコーミング、新江ノ島水族館等の一大マリンリゾート地であり、アメリカ・フロリダ州マイアミビーチ市と姉妹都市となっていることから「東洋のマイアミビーチ」と度々称される。

市北部は湘南台を中心とした地域である。

湘南台駅が小田急(江ノ島線)、相鉄(いずみ野線)、

横浜市営地下鉄(ブルーライン)、計3路線が接続しており、

その利便性から乗換駅として、

また慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の玄関口として発展している。

また、いすゞ自動車藤沢工場をはじめとする大規模製造工場と関連工場がある。

ちなみに藤沢市の工業は製造品出荷額等において神奈川県下では横浜市、川崎市に次ぐ第3位である

関東特殊製鋼跡地は辻堂駅前と言う立地条件を生かしてを整備する湘南C-Xプロジェクト(テラスモール湘南)などの振興策を開始し、

武田薬品工業の自社工場跡地は2018年4月に湘南ヘルスイノベーションパーク (湘南アイパーク)となった。また、2009年までに撤退が完了している辻堂元町のパナソニック関連工場跡地では、

太陽光発電や家庭用蓄電池などを大規模に配備した新しい街を作る

「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)構想」

が発表され、2014年に街開き(一部完成)を迎えた。

narita takashi
narita takashi
私もサーフィンが趣味で地形の安定している鵠沼など良く行きます

藤沢市の気候に合わせた家づくりを行いましょう。

湘南エリアは一体どこを指しているのか

湘南エリアと聞いて、一体どこからどこまでなのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?
湘南エリアは主に以下の場所を指します。

・茅ヶ崎市
・藤沢市
・鎌倉市
・逗子市
・平塚市
・横須賀市
・三浦市
・小田原市
・葉山町
・大磯町
・二宮町
・湯河原町
・真鶴町

 

narita takashi
narita takashi
写真は逗子市の大崎ポイント、めちゃめちゃいい波が割れています

特に、茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市・平塚市は東京へのアクセスが良いのがポイントです。
これから、湘南エリアで生活を始めたいと感じている方は一体どこで家づくりを行うか一度検討しましょう。

藤沢市を中心とした湘南エリアでリノベーション業者を選ぶポイント

藤沢市を中心とした湘南エリアでリノベーションを行っている業者は数多く存在します。
選ぶポイントとして、以下のものが挙げられます。

・湘南エリアの土地勘があるかどうか
・湘南エリアに合ったリノベーションプランを提案するか
・湘南エリアでの物件探しをサポートしているか
・施工実績が豊富かどうか
・スタッフの知識・技術の有無
・得意なリフォーム
・リノベーションにかかる費用
・アフターサービスが充実しているか

納得のいくリノベーションを行うためには、数多くのことを考えることが大切です。
ここでは、リノベーション業者の選び方について解説させて頂きます。

湘南エリアの土地勘があるかどうか

リノベーション業者が茅ヶ崎市を中心とした湘南エリアに土地勘があるかどうかが選ぶ決め手。
気になる業者を見つけたら、

湘南エリアでリノベーションを何年行っているかチェックしましょう。

narita takashi
narita takashi
私は高校は逗子開成だったので湘南海岸エリアはまあまあ詳しいです

湘南エリアに合ったリノベーションプランを提案するか

快適な生活を送るためには、

湘南エリアの風土に合ったリノベーションプランを提案するかが重要です。


どのようなリノベーションプランを提供しているかチェックし、

依頼するかどうか判断してください。

湘南エリアでの物件探しをサポートしているか

リノベーション業者によっては、

湘南エリアでの物件探しをサポートしています。
これから、藤沢市で新生活を始めたいと感じている方は、

narita takashi
narita takashi
どうやって安く物件を手に入れるか?ぜひご相談ください

物件探しも行っているかどうかも押さえておきたいところ。
場所によって、住み心地が変わってきます。

1,000万円以下でマンションをリノベーションできるかどうかの決め手

リノベーションにかかる費用を1,000万円以下に抑えられるマンションは一体何なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?
早速ですが、1,000万円以下に抑えられるかどうかの決め手について解説させて頂きます。

面積

リノベーションを行う際、マンションの広さが重要です。
広ければ広い程、リノベーションにかかる費用が高くなります。

 

マンションの面積が60㎡以内の場合、費用を1,000万円以下に抑えられるかもしれません。

設備

マンションごとに設置されている設備が異なります。
場合によっては、高価な設備があるかもしれません。
リノベーションの費用は設備によっても変わってきます。
面積が60㎡以下でも、設備次第で1,000万円を超える可能性もあります。

多くのリノベーション事例でもキッチンやバスルールなどの設備費用は

けして安くありません。

リノベーションに用いる素材

納得のいくリノベーションを行うためには、素材も重要です。
素材によって、それぞれ違った特徴があります。

 


費用も素材ごとに変わってきます。
場合によっては、1,000万円を超えるかもしれません。

間取り

個室の数や水回りを移動させるかどうかによってもリノベーションの費用が変わってきます。
水回りの移動は費用が高くなってしまうので、注意が必要です。
ユニットバスにすると、費用を抑えられます。

個室を増やす場合、扉や壁の費用が発生します。
必要な分だけ個室を作ることが大切です。
足りなくなった時に個室を増やすようにしましょう。

間取りは家族構成やライフスタイルによって大きく変わってきます。
リノベーションを行う際、一体どこに何が必要なのか検討してください。

1,000万円以下でマンションをリノベーションするコツ

マンションのリノベーションにかかる費用を1,000万円に抑えるためには、いくつかコツを押さえておく必要があります。
ここでは、費用を抑えるコツをいくつか紹介します。

減税・補助金制度を利用

減税制度または補助金制度を上手く利用すれば、リノベーションの費用を抑えられるかもしれません。
費用が想像以上に高くなった場合、減税・補助金制度の詳細を一度チェックしましょう。
制度によって、条件が異なるため、条件次第では利用できない可能性があります。

リノベーションを行う際、スケジュールに余裕を持って進めることが大切です。
スケジュールに余裕がないと、制度が利用できない可能性も出てきます。

リノベーションに用いる素材を見直す

1,000万円を超えた場合、素材を一度見直すのも選択肢のひとつに挙げられます。

 


色や濃淡を気にしている方は、塗装やオイルで好みの色を出せるかどうか一度検討してはいかがでしょうか?

DIY

業者ではなく、DIYで済ませることにより、費用を抑えることができます。
施工の内容になっては、自分で行える場合もあります。
時間と労力がかかる点に注意が必要です。

DIYは技術とセンスが求められるのに加え、一部の施工は資格が必要なため、基本的には業者に依頼することをおすすめします。

1,000万円以下に抑えるためには優先順位を決めることが大事

マンションのリノベーションを行う際、まずは優先順位を決めましょう。
予算をかけないといけない箇所を整理することにより、費用を抑えられる場合があります。
やりたいことを組み込めば組み込む程、費用がその分高くなってしまいます。
また、1人で考えるのではなく、家族や業者に相談することが大切です。

マンションをリノベーションする際の注意点

マンションをリノベーションする上で注意しないといけないことが何点か存在します。
最後に、注意点について解説するので、一度参考にしてください。

マンションの管理規約

リフォームまたはリノベーションを行う前にマンションの管理規約をまず確認しましょう。
マンションによっては、リフォームまたはリノベーションできない箇所が出てきます。
管理規約を守った上で施工を進めていくことが大切です。

業者によって品質が変わる

 

業者によって、仕上がりが変わってくる点に注意したいところ。
気になる業者を見つけた際はサービスや費用だけでなく、どのようなスタッフが在籍しているかはもちろん、施工事例を一度チェックしましょう。

まとめ

マンションによっては、リノベーションにかかる費用を1,000万円以下に抑えられます。
面積をはじめ、設備や素材、間取りなどにより、費用が変わってきます。
1,000万円以下に抑える場合、減税・補助金制度を上手く活用できるかどうかが重要です。
DIYで安く済ませようと考えている方は時間と労力がかかる点に配慮しましょう。

湘南エリアでリノベーション業者を選ぶ際、土地勘があるかどうかだけでなく、湘南エリアの風土に合ったリノベーションプランを提案するかが重要です。
これまでの施工実績や在籍しているスタッフの知識・技術などから選択肢を絞っていきましょう。

湘南エリアの中心でもある藤沢市は温暖な気候に加え、マリンスポーツが楽しめるのが特徴的です。
リフォーム・リノベーションを行う際は温暖な気候に配慮しているかどうか意識したいところ。

どのような施工が必要なのか疑問に感じている方はリノベーション業者に一度相談することをおすすめします。

 

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

 

人気の投稿