BLOGブログ
IRAKA RENOVATION

メールCONTACT

リノベのプロと考える
マンションフルリノベなら間取りは自由なの?!

マンションフルリノベなら間取りは自由なの?!

マンションに引っ越そうと考えているものの、自分に合った間取りが中々見つからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
間取りが良くても、立地や交通の便が気に入らないなどの問題が浮上するかもしれません。

間取りに関する悩みを解消する方法として、マンションフルリノベが挙げられます。
今回は、マンションフルリノベなら間取りを自由に変更できるのかどうかについて解説します。

目次

排水管の関係で間取りの変更が難しい場合がある

室内の場合、ある程度自由に変更することが可能。
排水管の関係上、キッチン・トイレ・浴室を移動させるのは難しいため、

理想の間取りに変更できない可能性もあります。

narita takashi
narita takashi
フルリノベならなんでもできるわけでもないのです

どこにこだわるかはもちろん、どこを妥協するか一度検討しましょう。

マンションフルリノベで変更できるもの

マンションフルリノベで一体何が変更できるのか把握することが大切。
主に以下のものを変更することができます。

・通路幅
・クローゼット
・床材
・キッチンなどの設備
・室内窓・ガラス戸
・リビング
・和室

ここでは、マンションフルリノベで変更できるものについて説明します。

通路幅

通路幅によって移動や家事のしやすさが異なります。
狭すぎるのはもちろん、広くなり過ぎるのも避けたいところ。

narita takashi
narita takashi
導線も変えることが出来ます

場所に応じて、通路幅を変更することが大切です。

クローゼット

マンションフルリノベにより、クローゼットを設置することも可能。
荷物をひとまとめにしておきたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

ウォークインクローゼットがあれば、服や鞄を収納することができます。
設置する際、着替えなどを行えるだけのスペースを確保しましょう。
廊下から出入りできる場所や寝室などに設置するのがおすすめです。

同居する家族が増えたり、来客が訪れる頻度が多い場合はシューズクローゼットを設置するかどうか検討したいところ。
靴だけでなく、スポーツ用品などを収納できるのもメリットに挙げられます。
棚を取り外せるようにすれば、利便性が上がります。

床材

床材もマンションフルリノベで変更できる箇所。

narita takashi
narita takashi
床や壁材はリノベで大きく変えることが出来ます

防音フローリングなどにすれば、防音対策が行えます。
床材によって、室内の印象が大きく変わります。

キッチンなどの設備

キッチンや浴室などの設備もマンションフルリノベで変更することが可能。
住み心地を良くするためには、設備の機能に目を向けましょう。
種類によってはマンションフルリノベの費用が高くなるため、注意してください。

室内窓・ガラス戸

マンションフルリノベで室内窓やガラス戸を設置することができます。
室内窓やガラス戸があれば、採光性が上がります。
間取りを一通りチェックし、室内が暗いと感じた際は設置するかどうか検討したいところ。

リビング

和室を壊し、リビングと一体化することも可能です。
広々とした空間で過ごしたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

和室

和室とリビングを一続きにしたり、新たに新設することも可能。
小上がり和室を設置し、ひと休みできるスペースを設けるのも選択肢のひとつに挙げられます。

マンションフルリノベで間取りの変更を行う際のポイント

マンションフルリノベで間取りを変更する際、意識したいポイントがいくつか存在します。
間取りによっては、生活に支障をきたしてしまうかもしれません。
ここでは、変更する際のポイントについて触れていくので、気になる方はチェックしてください。

動線に配慮

生活動線と家事動線に配慮した上で間取りを変更することが大切です。
生活動線が短ければ短い程、効率よく移動できます。
家族の動きも把握した上で施工を進めたいところ。

 

また、家事動線もマンションフルリノベに関わります。
家事の負担を最小限にできる家事動線を作ることが重要。
キッチンなどが使いやすいかどうかにより、自分だけでなく、家族の負担も変わってきます。

家族のニーズ

家族のニーズをマンションフルリノベに反映させましょう。
工事の前に家族とコミュニケーションを取り、どのようなプランにするか判断したいところ。

10年以上先を見越した上で工事を進める

子供の出産や成長、自立などにより、ライフスタイルや家族構成などが変化します。

narita takashi
narita takashi
マンションリノベーションは長期目線で考えてください

マンションフルリノベを行う際は10年以上先の未来を見越した上で施工を進めることが大切です。

マンションに引っ越そうと考えている方は、ライフプランを一度見直してはいかがでしょうか?

マンションフルリノベについて業者に相談するのが大事

マンションフルリノベで考えないといけない点がいくつも存在しているため、業者に一度相談することをおすすめします。
適切なアドバイスを頂きつつ、マンションフルリノベを進めてください。

トラブルを避けるためにも、業者に関する情報収集を入念に行うことが大切です。
問い合わせなどの際にコミュニケーションが取りやすいかどうかも意識したいところ。

まとめ

マンションフルリノベは間取りをある程度自由に変更できる反面、キッチンなどを移動させるのが難しいです。
生活動線や家事動線に配慮した上で間取りを決めたいところ。

自分だけでなく、家族や業者の意見を参考にしつつ、リノベーションプランを決定しましょう。
場合によっては、思いもよらないアドバイスが頂けるかもしれません。

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

人気の投稿