BLOGブログ
IRAKA RENOVATION

メールCONTACT

リノベのプロと考える
自宅をリノベーションして快適なテレワークをする方法5選とは?!

自宅をリノベーションして快適なテレワークをする方法5選

オフィスではなく、

自宅で仕事をする頻度が増えたと感じている方も多いのではないでしょうか?

narita takashi
narita takashi
自宅が快適でないと仕事の質に大きく影響します

テレワークを快適に行うためには、

環境を整えることが大切です。
家族の会話や外から騒音などにより、

仕事に集中できない場合もあります。

今回は、自宅をリノベーションして快適なテレワークをする方法について解説するので、

テレワークする機会が多い方は参考にしてください。

目次

テレワークをどこで行うか

主に自宅またはワーキングスペースでテレワークを行うことになります。
ワーキングスペースによって、

広さや設備、費用などが変わってきます。
テレワークでワーキングスペースを利用したいけど、

narita takashi
narita takashi
コワーキングもおすすめです

 

近くにないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

ワーキングスペースを頻繁に利用するのが難しいと感じた場合、

自宅のリノベーションをおすすめします。

リノベーションして快適なテレワークをする方法5選

快適にテレワークを行うためには、

レイアウトやインテリアについて検討する必要があります。
早速ですが、リノベーションして快適なテレワークをする方法を全部で5つ紹介します。

テレワーク専用の部屋を設ける

仕事や勉強などに集中できるよう、

テレワーク専用の部屋をリノベーションの際に設けてはいかがでしょうか?

narita takashi
narita takashi
こんなガラスの間仕切りは憧れですね

間取りを大きく変更することになるため、

どの部屋のスペースを狭くするか家族と一度話し合ってください。

寝室と書斎を1つにする

寝室と書斎を1つにし、

テレワークに集中できるようにするのもひとつの選択肢です。
新たにテレワーク専用の部屋を設けるのが大変と感じている方は、

narita takashi
narita takashi
寝室は主に夜、寝る時しか使わないので工夫次第でワークスペースになります

寝室にデスクを設置することをおすすめします。
Web会議の際、ベッドや寝具などが映らないよう、

レイアウトを工夫してください。

リビングに仕切りを設ける

リビングにパーテーションやドアなどの仕切りを設け、

テレワークに集中するためのスペースを設けるのもおすすめ。
仕切りを可動式にすることにより、

narita takashi
narita takashi
最もおすすめなのはリビングにワーキングスペースを作ることです

リビングを広く使うことができます。
テレワークに支障をきたさないようにするために防音効果に配慮したいところ。

空いたスペースに机や収納スペースを設ける

空いたスペースを上手く活用できないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
リノベーションを行う際、

空いたスペースをどのように活かすかもひとつの課題になります。

空いたスペースに机や造作棚を設け、

テレワークを行う環境を整えることをおすすめします。
造作棚があれば、

仕事に用いる道具を補完することが可能です。

カウンターテーブルをダイニングキッチンに設ける

ダイニングキッチンにカウンターテーブルを設けることにより、

家族の様子を見つつ、テレワークを行えます。
テレワークだけでなく、

食事や趣味に関する作業場としても役立ちます。

テレワーク専用の部屋を設ける際のポイント

リノベーションでテレワーク専用の部屋を作りたいけど、

どこに設けるか気になっている方もいるのではないでしょうか?
テレワークに支障をきたさないためにも、

どこに設けるかが重要になってきます。
自宅のリノベーションを予定している方は間取りについて検討しましょう。

ここでは、テレワーク専用の部屋を設ける際のポイントについて説明するので、

気になる方は参考にしてください。

生活音が気になりにくい場所に設ける

周囲の雑音により、

テレワークに集中できなくなる事態は避けたいところ。
自宅のリノベーションを行う際、

生活音が気になりにくい場所にテレワーク専用の部屋を設けましょう。

家族が極力入らないようにする

オフィス同様、

テレワークを行う際もコンプライアンスを守る必要があります。
仕事に関する情報が流出してしまうと、

narita takashi
narita takashi
家族の理解や協力も不可欠です

大きなトラブルに発展する可能性も十分考えられます。
テレワーク専用の部屋に家族を極力入れないようにしましょう。

掃除などの際に家族が入る場合、

仕事に用いる書類やデータを厳重に保管することが大切です。

空調を完備する

快適な空間でテレワークを進めるためにも、

空調を完備することをおすすめします。
暑さや寒さなどにより、

仕事が集中しにくくなる方もいるのではないでしょうか?

自宅をリノベーションするなら業者に相談することが大事

テレワークを快適に行うために自宅をリノベーションするなら、

業者に一度相談したいところ。
分からないことをそのままにしてしまうと、

納得のいくリノベーションにならない可能性も十分考えられます。

narita takashi
narita takashi
ワークスペースというより、一人で静かに読書や内省する空間は大切ですね

また、テレワークを行うためのスペースを手掛けた経験が豊富な業者かどうかチェックしましょう。
業者によって、得意な工事が異なります。

まとめ

自宅のリフォーム・リノベーションを行う際、

テレワークを快適に行えるかどうかだけでなく、

家事に支障をきたさないようにすることも大切です。
建物の広さや立地などにより、間取りが変わってきます。

また、トラブルを防ぐためにも、

自分だけで話を進めるだけでなく、

家族と相談することをおすすめします。
家族のニーズも間取りに反映させ、

快適な間取りを作りましょう。

 

 

 

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションや住宅のリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

人気の投稿