BLOGブログ
IRAKA RENOVATION

メールCONTACT

リノベのプロから見た
マンションスケルトンリノベーションのメリット、デメリットとは?!

マンションスケルトンリノベーションのメリット、デメリットとは?!

マンションのスケルトンリノベーションを検討しているけど、

一体どのようなメリット・デメリットがあるのか分からないと

感じている方も多いのではないでしょうか?
納得のいくリノベーションを行うためにも、

narita takashi
narita takashi
マンションをリノベーションする間に知っておくことが大切です

メリット・デメリットを押さえることが大切です。

今回は、マンションスケルトンリノベーションのメリット・デメリットについて解説します。

目次

マンションスケルトンリノベーションのメリット

マンションスケルトンリノベーションのメリットとして、以下のものが挙げられます。

・コストを抑えられる
・劣化した部分を新しくできる
・間取りを変更できる
・断熱対策や耐震補強が行える
・マンションの面積を変更せずに済む

早速ですが、各メリットについて解説するので、

リフォームまたはリノベーションを予定している方は一度参考にしてください。

コストを抑えられる

新築工事や建て替えに比べ、

narita takashi
narita takashi
駅前など多くの「良い場所」にはすでにマンションが建っています

コストを抑えられる点がメリットです。


中古物件を購入するよりも安く済む場合もあります。

劣化した部分を新しくできる

マンションスケルトンリノベーションを行えば、

配管や断熱材のような目に見えない部分を新しくすることが可能。

narita takashi
narita takashi
30年に一度は見えない部分をチェックしたいところ

築年数が経過しているマンションや一戸建てを長持ちさせたい方は一度検討してはいかがでしょうか?

間取りを変更できる

暮らしやすい間取りに変更できるのもマンションスケルトンリノベーションのメリットです。
今の間取りに対する不満を整理し、

narita takashi
narita takashi
ある程度自由に間取りの変更が出来るのはリノベの最大のメリットでしょう

リノベーションプランに反映させましょう。

断熱対策や耐震補強が行える

断熱性や耐震性を上げられるのも

マンションスケルトンリノベーションのメリットに挙げられます。
暑さや寒さ、地震に対する不安を解消するのもリフォーム・リノベーションを行う上で大切です。

室内の温度管理を行いたい・地震による被害を最小限に抑えたいと感じている方は、

マンションスケルトンリノベーションを行うかどうか検討することをおすすめします。

マンションの面積を変更せずに済む

骨組みを残したままリノベーションを行うため、

面積を変更せずに施工を行うことが可能です。

マンションスケルトンリノベーションのデメリット

マンションスケルトンリノベーションには、

デメリットが何点か存在します。
デメリットは以下の通り。

 

・管理規約によってはできない
・引っ越しが必要
・工期が長くなる
・部分リフォームに比べて費用がかかる
・リセールバリューが落ちる可能性がある

ここでは、各デメリットについて説明します。

管理規約によってはできない

マンションスケルトンリノベーションを行う際、

マンションの管理規約をまずチェックしましょう。

narita takashi
narita takashi
特に水回り設備の場所変更などは難しい場合が多いです

マンションによっては、望み通りのリノベーションが行えない可能性も十分考えられます。
トラブルを防ぐためにも、

管理規約に則って施工を行う必要があります。

引っ越しが必要

配管の交換や間取りを大幅に変更する場合、

引っ越ししないといけません。
マンションスケルトンリノベーションを予定している方は引っ越しの準備を行いましょう。
仮住まいを選ぶ際、間取りや設備などをチェックする必要があります。

narita takashi
narita takashi
住んでいるマンションをリノベーションする場合は引っ越しが必須です

これから、リフォーム・リノベーションを予定している方は、

仮住まい先を紹介する業者かどうかチェックしてください。

工期が長くなる

プランによっては、工事の範囲が広く、

工期が長くなってしまうかもしれません。
マンションスケルトンリノベーションを行う際、

 

仕事や学校などに支障をきたさないためにも、

スケジュール調整を行うことが大切です。
いつまでに工事を終わらせる必要があるか一度整理しましょう。

部分リフォームに比べて費用がかかる

部分リフォームに比べると、

費用が高くなります。
マンションスケルトンリノベーションを行う前に

部分リフォームでマンションに関する悩みを解消できるか検討してください。

リセールバリューが落ちる可能性がある

リセールバリューが落ちる可能性があるのもデメリット。
マンションスケルトンリノベーションは、

趣味が色濃く反映される場合が多いです。
間取りによっては、買い手が付きづらくなってしまいます。
マンションを手放す予定がある場合、

個性の強い間取りになっていないか判断しましょう。

業者に一度相談することも大事

マンションスケルトンリノベーションを行う際、

業者に一度相談し、アドバイスを受けることをおすすめします。
間取りや内装、費用などに関するアドバイスが頂けるかもしれません。

まとめ

メリット・デメリットを頭に入れた上で

マンションスケルトンリノベーションを行うかどうか判断することが大切です。

マンションのリフォームまたはリノベーションを検討している方は

管理規約を一度チェックすることをおすすめします。
場合によっては、

narita takashi
narita takashi
物件購入時から相談する方がいいですね

マンションスケルトンリノベーションができない場合もあるかもしれません。

間取りに関する不満や現在のライフスタイルはもちろん、

家族の意見を知ることも大切です。
納得のいくマンションスケルトンリノベーションを行い、

間取りなどに対する不満を解消しましょう。

 

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市で北欧スタイルのリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

人気の投稿