BLOGブログ
IRAKA RENOVATION

メールCONTACT

マンションリノベーション
マンションの結露問題を解決するには?!

目次

窓の結露や床下の湿気を防ぐには?

 

家の中と外の温度差によって起こる結露を防ぐには断熱と換気が重要です。

 

 

気密性の高いマンションでは、特に空気が滞りやすいので、

家中の空気が常に流れている状態がを作ることが大切です。

それには24時間換気システムが最も効果的と言われています。

2003年以降の建築基準法で全ての新築住宅に設置が義務付けられましたが、

それ前建てられた住宅では設置されていないこともあります

取り付けるには配管用の穴が必要になるので、

リノベーションで設置できるかどうかの確認をしたほうがいいと思います。

また暖かい空気は上昇して屋根裏や天井付近に溜まります。

 

換気扇やシーリングファンを効果的に使う

 

換気扇やシーリングファンを設置して空気を対流させると室温が均一になり

冷暖房効果も上がります。

空気がこもりがちな床下にも風の流れを作ってあげましょう。

 

シーリングファンを使う季節は夏?!

 

シーリングファンは夏に使うイメージがありますが、

実は冬にも効果を発揮します

 

上昇気流と下降気流と風の向きを変えられるタイプがあり、

冬は下向き夏は上向きに切り替えて

季節に応じて空気の流れを作ります。

冬は天井付近の暖気を下に向けて送り込むので、

吹き抜けの寒さも軽減されます。

暖房の設定温度を低めにできるので省エネにもなります。

 

マンションで設置が難しい場合は?!

 

換気システムの設置が難しい場合や

古いマンションでもともと換気システムが設置されていないや

配管用の穴がなく24時間換気システムが設置されたいできないこともあります。

その場合は

キッチンのレンジフード24時間換気機能付きにし、

部屋中の空気がレンジフードを中心に流れるよう

仕切りを工夫したりドアに換気の穴を開ける方法もあります。

この記事を書いた人

iraka renovation 代表

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

人気の投稿