BLOG

マンションリノベーション
買ってからリノベーション?それともリノベーション済みのマンションの方が良い?!

リノベーションしてある物件を買うか、マンション購入後自分でリノベーションをするか

中古マンションを買おうかなぁと思ったときに、

リノベーション済みのマンションを買うのか?

それとも自分で買ってからリノベーションするのかと迷う場合もあるでしょう

 

ただ、エリアによってはそこまで選択肢もなく、

買ってからリノベーションをすると言う方が多いのかもしれません。

 

 

 

 

リノベーションしてある物件を購入する

最大のメリットはすぐに住み始められると言うことです

 

不動産を買ってから自分でリノベーションをしたら、

入居は早くても数カ月後になるし、

賃貸物件に住んでいる場合、

家賃と住宅ローンの料払い期間が発生することも考えられます。

ですので、希望の立地に希望の間取りや価格、内装のリノベーション済みの物件が

もし見つかったとしたら、迷わず買ったほうがいいと思います。

 

 

一方、新築であれ、リノベーション済み物件であれ、

間取りや今の雰囲気では満足できないと言う自分の希望のある人は

自分でリノベーションするしかありません

 

 

 

もう一つ、

リノベーションに関する大きい分岐点は、

住んでからリノベーションをするのか?

住む前にリノベーションするか?の2つがあります。

場合によっては何年か住んだ、

自分のマンションをリノベーションする方もいます。

 

 

 

それとは逆に、物件購入後にリノベーションする場合も。

後者の場合は、

住んだことのないマンションでのリノベーションになるので

想像を働かせないとなかなか難しいといえます

 

 

 

 

 

これは一例ですが、リノベーションを前提として中古マンションを買い、

1年間住んでみてからリノベーションプランを考えていくと言うのも1つの案ではないかと思います。

なぜならば

住んでみなければわからないことがたくさん出てくる可能性が高いからです。

 

この記事を書いた人

iraka renovation 代表

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。