BLOG

ガルバリウム外壁 大波について

もし、自宅を建てることがあれば

 

真っ先に検討する外壁材「大波」

 

 

2022年iraka施工物件

 

なぜって?

 

それはすべてにおいて理にかなっているためです。

 

外壁の主なトラブルは以下のことです。

・ひび割れ(クラック)

・シーリングの切れ(サイデイングの場合)

・褪色

 

現在売られている外壁材の多くは

「新築時が最も良い」という部分。

 

年数を経ることで「劣化」していきます。

 

そのことに気づかないで(というか普通調べない)

 

業者の言われるがままになります。

 

 

 

2018年に訪れたアイスランドでも「大波」よく見かけた!

 

 

 

 

こっちはガルバ素地の「大波」

 

良いですね。

 

 

 

 

鉄板大波について

波トタンといえば 物置などに使う外壁というイメージでしょうか。

 

 

 

 

でも鉄板大波は 外装に使うととてもかっこよくなります

 

海外で見られるような 鉄板の外壁は ほとんど これです

 

では何が違うのかというと 山の高さが違います

 

 

 

細かいと いわゆる波トタンのイメージですが

 

(クリアもある)

大きいと アメリカの田舎にあるような小屋のイメージになります

 

また 施工がとても簡単であることと とても軽いこと

 

屋根材としても外壁材としても使えることなど とてもメリットの多い外装材です

 

自然の中で暮らすように
自宅で暮らす。

居住空間に天然素材を取り入れる。
素材の持つ力で生活がより豊かになる

好きなものに囲まれ、程よい空間を作り、
豊かな暮らしを考えるきっかけになれるように。

いらかとは瓦葺きの屋根を表現した言葉
空間に「木」や「陶器」「金属」など
本物の素材を取り入れ
ほどよい心地よさを感じてもらいたい。
そんな想いから名付けました。

SOLIDO の外装リノベ

サイディングが張ってあった外壁を撤去し

 

 

一部にSOLIDOを使いました。

 

irakaでは全塗装ではなく一部に天然素材の使用をお勧めしております。

 

 

既存サイディングを撤去し合板を張ります。

 

部分的に使うことで(特に見えるファサード部分)全体のイメージが大きく変わります。

 

 

SOLIDOはこのように鎧張りしながら施工します。

 

また部分ですと費用も抑えることができますのでこれも大きなメリットだと思います