Artekスツール60は誰の作品?!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門
IRAKA RENOVATION

メールCONTACT

Artekスツール60は誰の作品?!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

Artekスツール60は誰の作品?!

narita takashi
narita takashi
名作中の名作、スツール60です

フィンランドやデンマーク、スウェーデンなどで製造される北欧家具は多くの方に愛されています。

人によっては、リノベ・リフォームを機に北欧家具を購入しようとしているのではないでしょうか?

これから北欧家具を購入する方に向けて、Artekのスツール60が一体誰の作品なのかについて説明します。

気になる方は参考にしてください。

Artekのスツール60は誰の作品なのか

Artekのスツール60はアルヴァ・アアルトの作品です。

アルヴァ・アアルトはフィンランド出身の建築家・デザイナー。

narita takashi
narita takashi
現在映画が公開中ですね(2023年12月)

スツール60は1933年にデザインされた後、1934年に販売されたことで知られています。

素材や有機的なフォルムなどにこだわった建物を設計したことで有名です。

1935年にアルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトがデザインする家具などを販売することを目的としたArtekを創業。

アイノ・アアルトはアルヴァ・アアルトの妻です。

アルヴァ・アアルトが生み出した有機的なフォルムは多くの建築家に影響を与え、曲げ木の技法などに建物の設計で培われたノウハウが取り入れられています。

スツール60とは何か

スツール60は1つの座面と3本の脚で構成された椅子。

柔らかな曲線を描くL-レッグが用いられているのが特徴に挙げられます。

フィンランド産のバーチ材の表面を滑らかに仕上げています。

1つ1つ木目が異なるのもポイント。

経年変化も楽しめるため、愛着のある椅子が欲しい方におすすめです。

デザイン自体もシンプルなので、オフィスや公共の場で用いられています。

アルヴァ・アアルトの人生に迫った映画が公開

2023年の秋にアルヴァ・アアルトの人生に迫った「アアルト」が公開。

Artekの家具の誕生秘話について触れられています。

アルヴァ・アアルトや北欧家具について興味のある方は一度見てはいかがでしょうか?

特定のデザイナーやブランドで揃えるのもひとつの楽しみ方

リノベ・リフォームなどを機に新たに北欧家具を購入する際、特定のデザイナーやブランドが手掛けた家具や照明などで揃えるのも楽しみ方のひとつ。

Artekに限らず、さまざまなブランドをチェックし、自分好みの椅子やテーブルなどを見つけることをおすすめします。

アルヴァ・アアルトがデザインしたスツール60以外の家具

アルヴァ・アアルトはスツール60以外に一体どのような家具を手掛けたのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、スツール60以外の家具をいくつか紹介します。

Artekやアルヴァ・アアルトに興味のある方は参考にしてください。

スツール E60

スツール E60はアルヴァ・アアルトがデザインした椅子。

スツール60とは異なり、4本脚です。

シンプルな構造になっているので、多くの家庭で用いられています。

69チェア

69チェアは広い座面が特徴的な椅子。

背もたれが体をしっかり支えます。

スツール60などと同様、L-レッグが用いられています。

カラーバリエーションが豊富なので、さまざまなテーマ・コンセプトに合わせやすいのも魅力のひとつ。

710デイベッド

710デイベッドは必要に応じてL-レッグを取り外しできる椅子です。

ソファとしてだけでなく、ベッドとして使うことができます。

L-レッグの上に木製のフレームを設置した頑丈な構造が特徴。

リビングなどでひと休みしたいと感じている方は購入するかどうか検討してはいかがでしょうか?

アアルトテーブル半円形

アアルトテーブル半円形は、アルヴァ・アアルトがデザインした半円形のテーブル。

narita takashi
narita takashi
北欧家具の名店「Talo」には多くのアアルトテーブルが並ぶ

耐久性に優れているのに加え、経年変化が楽しめます。

アアルトテーブル長方形などと組み合わせることができます。

気になる方は窓辺などに設置してはいかがでしょうか?

A440ペンダント

A440ペンダントは不透明な白いランプシェード。

眩しさを抑えるようデザインされています。

Artekの家具を購入する際のポイント

Artekの家具を購入する際、いくつかポイントを押さえることが大切です。ここでは、購入時のポイントについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

リノベ・リフォームのテーマ・コンセプト

スツール60などを購入する前にリノベ・リフォームのテーマ・コンセプトを明確にしましょう。
テーマ・コンセプトによって、購入する椅子などが変わってきます。
家族と相談し、一体どのような住宅に住みたいか検討したいところ。

生活動線

生活動線は住宅によって異なります。
スツール60などを設置できるだけのスペースがあるかどうかを把握するのが大切です。

在庫の有無

北欧家具を揃える際、在庫の有無を確認したいところ。
種類によっては在庫がない可能性があります。
中古で購入するなら、状態を細かくチェックすることが大切です。

まとめ

Artekのスツール60はアルヴァ・アアルトがデザインした人気の椅子。
アルヴァ・アアルトはさまざまな家具やテーブル、照明などをデザインしているので、北欧家具に興味のある方は一度チェックしてはいかがでしょうか?

家具選びは知識やセンスも重要になってきます。
リノベ・リフォームを機に、北欧家具を揃えようと考えている方は業者に一度相談することをおすすめします。
業者によっては家具選びに同行して頂けるかもしれません。

 

 

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

Artekスツール60は何色あるの?!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

Artekスツール60は何色あるの?!

narita takashi
narita takashi
ヴィンテージも含めるとかなりの色数が予想できます。

フィンランドのArtekが製造しているスツール60は長年にわたって販売されています。

リノベ・リフォームを機に、スツール60などの北欧家具を購入しようと考えている方が多いのではないでしょうか?

室内に北欧家具を設置する際、色を意識したいところ。

色によって、室内の雰囲気が変わってきます。

今回はスツール60の色について取り上げます。

Artekのスツール60は何色あるか

スツールの色は全18色。

カラーバリエーションは以下の通りです。

・ナチュラルラッカー

・イエローラッカー

・レッドラッカー

・オレンジラッカー

・グレーラッカー

・ホワイトラミネート

・ブラックリノリウム

・ブルーラッカー

・グリーンラッカー

・ペトロ―ルラッカー

・ハニーステイン

・ホワイトラッカー

・オールブラックラッカー

・ウォルナットステイン

・オールホワイトラッカー

・ブラックラッカー

・ゼブラファブリック

・ゼブラファブリックブラックラッカー

narita takashi
narita takashi
個人的にはやはりリノリウムをおすすめします

スツール60に用いるシートクッションの色

室内にスツール60を用いるシートクッションも何色か存在しています。

カラーバリエーションは以下の通り。

・Doris ブルー

・Doris ブラック

・Tithinus オークル

・Tithonus イエロー

・Nereus イエローリバース

・Nereus ブルー

・Nereus ダークブルーリバース

・Helios オークルリバース

・Helios ブリック

スツール60の座り心地は人によって感じ方が異なります。

少しでも座り心地を良くしたいと考えている方はシートクッションの購入を検討してください。

スツール60の色を選ぶ際のポイント

スツール60の色が多く、どれにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか?

納得のいく買い物にするためにも、色を選ぶ際のポイントを押さえておきたいところ。

narita takashi
narita takashi
もっともベーシックなナチュラルとブラック

主なポイントとして、以下のものが挙げられます。

・好みの色かどうか

・リノベ・リフォームのテーマ・コンセプトに合っているか

・在庫の有無

・他の家具や壁紙などとの組み合わせ

・価格

ここでは、スツール60の色を選ぶ際のポイントについて説明します。

リノベ・リフォームを機に、北欧家具を買い揃えようと感じている方は一度参考にしてください。

好みの色かどうか

愛着を持って使い続けるためにも、好みの色かどうか判断することが大事。

好みの色から選択肢を絞り、必要な数だけ購入しましょう。

リノベ・リフォームのテーマ・コンセプトに合っているか

スツール60の色がリノベ・リフォームのテーマ・コンセプトのコンセプトに合っているかどうか判断するのが購入時のポイント。

リノベ・リフォームを行う際、テーマ・コンセプトが重要になってきます。

テーマ・コンセプト次第で仕上がりが変わります。

家族と話し合い、どのような住宅に住みたいか一度話し合ってはいかがでしょうか?

在庫の有無

在庫の有無もスツール60の色を選ぶ際のポイント。

色によっては品切れしているかもしれません。

シートクッションにおいても同様です。

他の家具や壁紙などの色との組み合わせ

他の家具や壁紙などの色との組み合わせをチェックし、どの色を購入するか判断したいところ。

色の組み合わせにより、室内の雰囲気が変わってきます。

価格

色によって価格が異なる場合があります。

気になる色を見つけた際、予算の範囲内かどうかチェックしてください。

経年変化による色の変化が楽しめるのもスツール60の魅力

スツール60は年数の経過と共に色が変化します。

経年変化が楽しめるのも魅力のひとつに挙げられます。

愛着のある1脚を持ちたいと感じている方はスツール60を購入するかどうか検討してはいかがでしょうか?

スツール60などの北欧家具について業者に相談するのが重要

スツール60などの北欧家具を選ぶのに慣れていない場合、リノベ・リフォームに携わっている業者に相談するのもひとつの選択肢。

適切なアドバイスを受けつつ、リノベ・リフォームを進めましょう。

ここでは、業者の選び方について説明するので、気になる方はチェックしてください。

過去の施工事例

過去に一体どのようなリノベ・リフォームに携わっているかどうかをチェックし、依頼するかどうか判断することが大切です。

写真や施工内容などをチェックし、リノベ・リフォームのイメージを掴みましょう。

見積書の内容

見積書に記載されている内容が契約するかどうかの決め手。

施工内容や使用する部材などを詳しく記載しているかどうかが重要になってきます。

分からないことがあれば、業者に質問してください。

保証内容

保証内容が充実しているかどうかも依頼する際のポイントに挙げられます。

リノベ・リフォーム後も定期的にメンテナンスを行い、不具合を解消することが大切です。

インテリアコーディネーターが在籍しているか

インテリアコーディネーターが在籍しているかどうかチェックし、北欧家具について相談できるかどうか把握したいところ。

北欧家具を選ぶためには、知識やセンスなども重要です。

家具選びのアドバイスを受け、室内の雰囲気に合った椅子などを購入しましょう。

まとめ

Artekのスツール60は全18色存在しており、室内の雰囲気に合った色を選びやすいです。

室内の色により、雰囲気が大きく変わってきます。

リノベ・リフォームを行う際はテーマ・コンセプトを一度検討したいところ。

家具選びを含め、業者に一度アドバイスを頂いてはいかがでしょうか?

 

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

Artekスツール60のメリットデメリットとは?!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

Artekスツール60のメリットデメリットとは?!

narita takashi
narita takashi
デメリットはあまり見つからないような気もしますが解説します。

フィンランドやノルウェー、デンマークなどで製造された北欧家具が数多く存在します。

Artekのスツール60は数十年にわたって製造・販売されているフィンランド製の椅子。

リノベ・リフォームなどを機に購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか?

北欧家具を購入する際、メリットとデメリットを押さえておくことが大切です。

今回は、スツール60のメリットとデメリットについて解説するので、気になる方は参考にしてください。

Artekのスツール60のメリット

スツール60には、さまざまなメリットがあります。

主なメリットは以下の通り。

・組み立てやすい

・丈夫な構造

・ローテーブルなどに使用することが可能

・経年変化を楽しめる

・カラーバリエーションが豊富

・重ねて置きやすい

・リセールバリューも高い

北欧家具の特徴を踏まえた上で購入するかどうか判断しましょう。

まずは、スツール60の各メリットについて触れていきます。

組み立てやすい

スツール60はネジ止めするだけで組み立て可能。

narita takashi
narita takashi
家具屋さんによっては組み立てて送ってくれます。

椅子を探す際、組み立てやすさを意識している方も多いのではないでしょうか?

緩み始めたら、締め直してください。

丈夫な構造

丈夫な構造なのもスツール60のメリット。

木肌が美しいバーチ材が用いられています。

同等の素材の板を表と裏に用いることにより、反りにくくしているのも特徴のひとつです。

ローテーブルなどに使用することが可能

スツール60はローテーブルなどの用途で使用できます。

ソファの脇に設置し、本などを置いてはいかがでしょうか?

また、花瓶などを飾るのにも適しており、室内の雰囲気を演出するのにも役立ちます。

経年変化を楽しめる

使い続けることにより、経年変化を楽しめるのもスツール60のメリット。

愛着のある椅子が欲しい方に適した1脚です。

カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションが豊富なのも特徴に挙げられます。

北欧家具を選ぶ際、室内の雰囲気に合った色かどうか気にしている方も多いのではないでしょうか?

スツール60はカラーバリエーションが豊富なので、室内の壁紙や床材などに合わせやすいのがメリットです。

室内に何を置くかで雰囲気が大きく変わるため、レイアウトを一度検討したいところ。

重ねて置きやすい

軽くて運びやすいので、重ねて置けるのもメリットです。

室内のスペースを少しでも確保したいと感じている方が多いのではないでしょうか?

約10脚まで重ねて置けます。

リセールバリューが高い

スツール60はヴィンテージ家具としても流通しており

その価格は年々上昇しています。

もしスツール60を購入後不要になっても

中古品でも購入時よりも高くなる可能性もあります。

Artekのスツール60のデメリット

スツール60を購入する際、メリットだけでなく、デメリットについても押さえておきたいところ。

デメリットを踏まえた上で購入するかどうか判断してください。

主なデメリットは以下の通りです。

・表面の塗装が剥がれる場合がある

・電化製品などを長時間置くと跡がつく

・色によっては品切れしている場合がある

ここでは、どのような点に注意すれば良いかについて触れていきます。

表面の塗装が剥がれる場合がある

強く擦ってしまうと、表面の塗装が剥がれる場合があるのがスツール60のデメリット。

手入れを行う際、注意が必要です。

電化製品などを長時間置くと跡がつく

電化製品などの重い物を長時間にわたって置いてしまうと、跡がついてしまうかもしれません。

椅子やテーブルなどについた跡を気にする方が多いのではないでしょうか?

ローテーブルやアクセサリーなどを飾る台として使用する場合、敷物を置いて跡がつきにくくすることをおすすめします。

色によっては品切れしている場合がある

スツール60はカラーバリエーションが豊富な反面、色によっては品切れで買えない可能性があります。

モデルによってはプレミアがついているかもしれないため、注意が必要。

中古で気になった色を購入する際は状態確認を入念に行ってください。

スツール60などの北欧家具について業者に相談するのが大事

リノベ・リフォームで北欧家具を新たに揃え直すなら、業者に一度相談することが大切です。

生活動線やリノベ・リフォームのテーマ・コンセプトなどを踏まえた上で家具選びを進めていくことになります。

家具選びで失敗しないためには、業者から家具選びについて適切なアドバイスを受けたいところ。

ここでは、リノベ・リフォームの業者を選ぶ際のポイントについて紹介します。

施工実績が豊富かどうか

過去の施工事例をチェックし、リノベ・リフォームに関する知識や技術があるかどうか判断してください。

工期や費用などを把握できます。

家具選びに同行するか

業者によっては家具選びに同行します。

スツール60などの北欧家具に関するアドバイスを受け、一体何を室内に設置するかどうか判断したいところ。

造作家具を造るかどうか

造作家具を造る業者も存在します。

こだわりの家具を使いたいと感じている方は造作家具を造っているかどうかもチェックしてはいかがでしょうか?

見積書に一体どのような内容が記載されているか

契約を進める際、業者が作成した見積書に記載されている内容に一通り目を通す必要があります。

使用する部材などに関する疑問を業者に質問し、分からないことをそのままにしないことがトラブルを避けるポイント。

業者が用意している保証内容

リノベ・リフォーム後もメンテナンスを進めていくことになります。

業者が一体どのような保証を用意しているかを踏まえ、相談・契約を進めましょう。

保証内容は業者によって異なるので、疑問がある際は業者に質問するのが大事。

まとめ

スツール60には、メリットとデメリットが存在します。

リノベ・リフォームを行う場合、テーマ・コンセプトを踏まえた上で購入するかどうか判断してください。

家具によって、室内の雰囲気が変わってきます。

リノベ・リフォームで北欧家具を新たに揃えようと考えている方は信頼できる業者に一度相談してはいかがでしょうか?

家具選びで失敗しないためには、知識やセンスなどが重要です。

 

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

Artekスツール60はなぜ高い?!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

Artekスツール60はなぜ高い?!

narita takashi
narita takashi
2023年現在スツール60の定価は39,600円です

リノベ・リフォームを機に、北欧家具を新たに購入したいと考えている方が多いのではないでしょうか?

家具ひとつで室内の印象が大きく変わってきます。

新たに北欧家具を購入する際、予算の範囲内かどうか意識したいところ。

今回、Artekのスツール60はなぜ高いかについて解説します。

北欧家具に興味のある方は一度参考にしてください。

Artekのスツール60はどうして高いのか

Artekのスツール60はどうして高いのか疑問に感じている方が多いのではないでしょうか?

椅子によって価格に差が生じます。

スツール60が高い理由として、以下のものが挙げられます。

・フィンランド産のバーチ材を使用

・人気の高さ

・モデルによってはプレミアがある

早速ですが、高い理由について紹介するので、気になる方はチェックしてください。

フィンランド産のバーチ材を使用

スツール60には、フィンランド産のバーチ材が用いられています。

バーチ材は適度な硬さに加え、きめ細かい木目が特徴。

肌触りも良く、さまざまなインテリアに馴染みやすいのもメリットに挙げられます。

バーチ材は広葉樹のため、針葉樹に比べて加工しにくいです。

加工しにくい分、価格が高くなってしまうので、北欧家具を購入する際は注意してください。

人気の高さ

スツール60はシンプルで長期にわたって使えるデザイン性が特徴に挙げられます。

ローテーブルなどの代わりにでき、小回りの良さもメリットのひとつ。

需要が高く、中古でも一定の価格で取引されています。

モデルによってはプレミアがある

スツール60には、いくつかモデルが存在します。

モデルによってはプレミアが付いているのも高い理由。

北欧家具を揃える際はどのモデルを購入するかも意識する必要があります。

スツール60を購入する際のポイント

スツール60を購入する際、どのようなポイントを押さえる必要があるか気になっている方が多いのではないでしょうか?

後悔しないためにも、納得のいく物を購入するのが大切です。

購入する際の主なポイントとして、以下のものが挙げられます。

・室内の雰囲気に合っているか

・座り心地が良いかどうか

・椅子以外の用途で用いるかどうか

・設置するスペースがあるかどうか

・在庫があるかどうか

・状態に問題がないか

ここでは、購入時に一体どのような点に注意すれば良いかについて説明するので、北欧家具を購入しようと考えている方は一度チェックしてください。

室内の雰囲気に合っているか

室内の雰囲気に合っているかどうかを踏まえ、スツール60を購入するかどうか判断したいところ。

リノベ・リフォームを行う際はテーマ・コンセプトを決めることが重要です。

テーマ・コンセプトによって、施工に用いる床材や壁紙などが変わってきます。

座り心地が良いかどうか

座り心地が良いかどうかも椅子を選ぶポイント。

人によって、座り心地が異なります。

スツール60を購入するかどうか迷っている方は一度座り心地を確かめてはいかがでしょうか?

座ってみて硬いと感じた場合、クッションを敷いてみることをおすすめします。

クッションの材質によっても、座り心地が変わってきます。

椅子以外の用途で用いるかどうか

椅子以外の用途で用いるかどうかも購入するかどうかの決め手。

リノベ・リフォームで快適な空間に仕上げるためには、スツール60をどのような用途で用いるかが重要になってきます。

設置するスペースがあるかどうか

室内の面積によってはスツール60を設置するスペースがないかもしれません。

リノベ・リフォームを行う前に室内の面積をチェックし、設置するかどうか判断してください。

在庫があるかどうか

スツール60は数多くの色が存在します。

種類によっては在庫がない可能性も十分考えられます。

在庫の有無を把握した上で購入することが大切。

状態に問題がないか

中古でスツール60を購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか?

状態をチェックした上で購入してください。

通販サイトやオークションサイトを利用する際、状態に関する説明に目を通す必要があります。

北欧家具について業者に相談するのが重要

スツール60に合った室内にリノベ・リフォームしようと考えている方は信頼できる業者に相談することをおすすめします。

場合によっては思いもよらないアドバイスを頂けるかもしれません。

リノベ・リフォームに携わっている業者は数多く存在するので、情報収集を入念に行うのが大事。

ここでは、リノベ・リフォームに携わっている業者の選び方について解説します。

好みのデザインを提案するか

気になる業者を見つけた際、好みのデザインを提案するかどうか意識したいところ。

業態によってはデザインに力を入れている場合があります。

在籍しているスタッフ

在籍しているスタッフの知識や技術が優れているかどうかも依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

公式サイトでスタッフのプロフィールをチェックし、リノベ・リフォームに何年携わっているかだけでなく、取得している資格などを押さえておくのが大事。

過去の施工事例

過去の施工事例で一体どのようなリノベ・リフォームに携わってきたかを把握することができます。

工期や費用、口コミの内容などを踏まえ、依頼するかどうか判断しましょう。

家具選びに同行するか

業者によっては家具選びに同行する場合があります。

スツール60を購入するかどうか迷っている方は家具選びに同行する業者を選択肢に入れてはいかがでしょうか?

保証内容が充実しているか

リノベ・リフォーム後も住宅のメンテナンスを行い、不具合を解消することが大切です。

業者の保証内容も依頼するかどうかの判断基準。

まとめ

Artekのスツール60は加工しにくいバーチ材を用いているなど、さまざまな理由で高いです。

北欧家具を選ぶ際、価格だけを見るのではなく、使い心地や室内の雰囲気に合っているかどうかなどを意識する必要があります。

愛着が持てる北欧家具を揃えつつ、納得のいくリノベ・リフォームを行ってください。

 

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

Artekスツール60の特徴3選!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

Artekスツール60の特徴3選!

narita takashi
narita takashi
有名なアアルトのスツール、登場です

仕事や家事などで何かしらの作業を行う際、椅子に座ることが多いのではないでしょうか?

椅子によって、デザインや座り心地などが異なります。

リノベ・リフォームを機に椅子を新たに購入する方も一定数います。

今回はArtekのスツール60の特徴について解説するので、北欧家具を買い揃えようと考えている方は一度参考にしてください。

Artekのスツール60とは

スツール60はArtekが製造している椅子。

Artekはフィンランドの家具メーカーです。

北欧家具に関心がある方の中には、Artekやスツール60の名前を一度は耳にしているのではないでしょうか?

1933年にアルヴァ・アアルトによりデザインされ、多くの方に愛用されています。

アルヴァ・アアルトは多くの建築家に影響を与えていることでも有名です。

スツール60の特徴3選

Artekのスツール60には、一体どのような特徴があるかを踏まえた上で購入することが大事。

主な特徴として、以下の3つが挙げられます。

・最小限の要素を用いたシンプルなデザイン

・3年の月日をかけて開発されたL-レッグを使用

・ローテーブルなどに利用することが可能

これから、北欧家具を購入しようと考えている方に向けて、スツール60の特徴について紹介します。

最小限の要素を用いたシンプルなデザイン

スツール60は座面と3本の脚で作られています。

デザインがシンプルなので、数多くのテーマやコンセプトの部屋に合わせやすいのがメリット。

座面のカラーバリエーションが豊富です。

3年の月日をかけて開発されたL-レッグを使用

3年の月日をかけて開発されたL-レッグが用いられているのもスツール60の特徴。

挽き曲げの技法を活かしており、美しいフォルムに仕上げています。

また、丈夫なので、タワーのように積み上げることもできます。

椅子は生活スペースを圧迫するため、不要な時は椅子を積み上げておきたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

ローテーブルなどに利用することが可能

スツール60派椅子としてだけでなく、ローテーブルやインテリアアクセサリーなどを飾る台としても利用することが可能。

室内に何か物を置く台が欲しいと感じた際は一度チェックすることをおすすめします。

スツール60を購入する際のポイント

スツール60を購入する際、一体どのような点に注意すれば良いか気になっているのではないでしょうか?

narita takashi
narita takashi
レプリカも多く出回っていますのでご注意ください

ここでは、購入時のポイントについて説明するので、気になる方は参考にしてください。

予算の範囲内か

スツール60に限らず、北欧家具を購入するためには、まとまった費用が必要です。

予算の範囲内かどうかを踏まえ、購入するかどうか判断しましょう。

リノベ・リフォームのテーマ・コンセプトに合っているか

リノベ・リフォームを行う際、住宅の不具合を解消するのはもちろん、テーマ・コンセプトを意識したいところ。

テーマ・コンセプトにより、レイアウトが変わってきます。

スツール60が室内の雰囲気に合っているかどうかを踏まえた上で購入してください。

実際の使い心地が良いかどうか

スツール60を購入する前に座り心地を実際に確かめることをおすすめします。

デザインだけでなく、使い心地が良いかどうかも北欧家具を選ぶ上で重要。

使い心地は人によって異なります。

近くにスツール60を取り扱っている店舗がある場合、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

どのような状態で販売されているか

中古で購入する際、状態確認を入念に行うことが大切です。

通販サイトを利用すると、実物を写真でしか確かめられないため、状態に関する説明をチェックしたいところ。

メンテナンス方法

思い入れのある北欧家具を長期間使い続けたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

スツール60を購入する際、メンテナンス方法をチェックすることをおすすめします。

リノベ・リフォームについて業者に相談するのが大事

スツール60に合ったレイアウトにする際、信頼できる業者に相談・依頼することが大事。

リノベ・リフォームに携わっている業者は数多く存在するので、情報収集を入念に行いましょう。

ここでは、業者の選び方について触れていきます。

どのような業態か

気になる業者を見つけた際、業態をチェックするのが大事。

業態ごとにそれぞれ違った特徴があります。

どこに依頼するかにより、費用が変わってきます。

過去の施工事例

過去の施工事例も選ぶ決め手。

公式サイトに掲載されている写真や工期、費用などをチェックし、リノベ・リフォームのイメージを掴んでください。

見積書の分かりやすさ

リノベ・リフォームでトラブルを避けるためには、見積書に目を通す必要があります。

使用する部材などについて気になることがある際、業者に質問し、疑問を解消しましょう。

どのような保証があるか

リノベ・リフォーム後も住宅のメンテナンスを行い、不具合を解消するのが思い入れのある住宅に長期間住み続けるポイント。

業者の保証内容を踏まえ、相談・依頼するかどうか判断するのが大切です。

家具の購入に同行するか

業者によっては家具選びに同行する場合があります。

家具について適切なアドバイスを受けられるかどうかを踏まえた上で相談を進めてください。

また、リノベ・リフォームで造作家具を造るケースも存在します。

まとめ

Artekのスツール60はシンプルかつ丈夫な椅子。

ローテーブルなどに利用することもできるのも魅力に挙げられます。

家具のデザインや壁紙の柄、取り入れる色などにより、室内の雰囲気が変わってきます。

リノベ・リフォームを機に、スツール60などの北欧家具を新たに購入しようと考えている方は業者に一度相談してはいかがでしょうか?

 

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

Yチェアの修理はどうすれば良いの?|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

Yチェアの修理はどうすれば良いの?

narita takashi
narita takashi
Yチェアは修理しながら長く使える名作椅子です

Yチェアを長く使い続けると、修理が必要になる場合があります。

修理が必要になった場合、一体どうすれば良いか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

今回はYチェアの修理について説明するので、家具について関心のある方は一度チェックしてください。

Yチェアの修理はどうすれば良いか

Yチェアの修理が必要になった場合、以下の方法で対応することになります。

・メーカーに対応
・家具修理のサービスを提供している業者に依頼
・DIY

早速ですが、Yチェアの修理はどうすれば良いかについて説明します。

メーカーに対応

Yチェアを製造しているカール・ハンセン&サン社にメンテナンスを依頼し、Yチェアの不具合を解消することが可能。

ただし、フレームのクリーニングサービスを行っていないため、Yチェアを所有しているまたは購入する予定のある方は注意してください。

カール・ハンセン&サン社に依頼する場合、保証期間内かどうか把握することが大切です。
保証期間は5年。

場合によっては保証期間を過ぎている可能性も十分考えられます。

家具修理のサービスを提供している業者に依頼

家具修理のサービスを提供している業者がいくつも存在します。

家具屋によっては家具修理を行っていないため、家具修理のサービスを提供している業者を新たに探すことになるかもしれません。

提供しているサービスの内容を踏まえ、依頼するかどうか判断することが大切。

DIY

DIYで修理するのも選択肢のひとつに挙げられます。

上手く行えば費用を安く済ませられる反面、知識や技術、手間がかかってしまいます。

自分で修理する自信がないと感じている方も多いのではないでしょうか?

手間をかけても上手く修理できない可能性もあるので、カール・ハンセン&サン社や家具修理のサービスを提供している業者にYチェアの修理を依頼するのがおすすめ。

Yチェアの修理内容

Yチェアの修理内容として一体どのようなものがあるのか気になっているのではないでしょうか?

ここでは、どのような修理を行うかについて紹介します。

ペーパーコードの張り替え

Yチェアの修理内容のひとつにペーパーコードの張り替えが挙げられます。

ペーパーコードは樹脂を含んだ紙紐。

narita takashi
narita takashi
ペーパーコード交換は下記がおすすです。15,000円~20,000円程度が相場です。

鯛工房

Aラタン

Yチェアなどの北欧家具の椅子に用いられています。

年数の経過と共にペーパーコードが劣化し、張り替えが必要になります。

木部の塗り直し

木部の塗り直しも修理内容のひとつ。

リノベ・リフォームで住宅の雰囲気を大幅に変えるためにYチェアの色を変えたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

家具修理のサービスを提供している業者によっては、木部の塗り直しを受け付けています。

アームの組み直し

Yチェアを長年用いていると、アームが抜けるだけでなく、ガタつきが見られるようになります。

アームに違和感を感じた際、アームの組み直しが必要。

フレームに無垢材を用いている関係上、膨張などが起きる点に注意してください。

Yチェアの修理内容により費用が変わる

Yチェアの修理内容に費用が変わってきます。

ペーパーコードの代金の値上がりに伴い、費用がかかってしまいます。

これから、Yチェアの修理を行う際はペーパーコードの代金が上がっていないかどうかもチェックすることが大切。

Yチェアを注した際に破損が見られた場合

購入したYチェアを確認してみると、傷や破損が見られる場合があります。

到着してから8日以内にカール・ハンセン&サン社に連絡すると、配送時の破損に対応することが可能。

Yチェアが9日以上経過した場合または到着してから8日以内であってもYチェアを使用すると、配送時の破損に対応できません。

到着した日に連絡することをおすすめします。

Yチェアなどの家具を揃え直す際は業者に相談するのが重要

リノベ・リフォームを機にYチェアなどの家具を新たに揃え直す場合、業者に一度相談してはいかがでしょうか?

業者に家具のアドバイスを受け、リノベ・リフォームのコンセプトやテーマを決めることが大切。

最後に、リノベ・リフォームに携わっている業者の選び方について紹介するので、気になる方は参考にしてください。

インテリアコーディネーターが在籍しているかどうか

業者によっては、インテリアコーディネーターが在籍している場合があります。

リノベ・リフォームのテーマやコンセプトに適した家具を選ぶためには、知識やセンスが大事。

インテリアコーディネーターにアドバイスを受け、どの家具を購入するか決めましょう。

家具購入の際に同行するかどうか

業者によっては家具購入の際に同行します。

家具屋でインテリアコーディネーターのアドバイス受けたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

過去に一体どのようなリノベ・リフォームに携わったか

業者の公式サイトから過去の施工事例をチェックし、依頼するかどうか判断してください。

施工内容だけでなく、工期や費用を把握することが大切です。

リノベ・リフォームの規模によっては工期や費用が想像以上にかかるかもしれません。

また、口コミでスタッフの対応についてチェックすることをおすすめします。

見積書の内容が分かりやすいか

リノベ・リフォームの見積書の内容を踏まえた上で契約を進めていくのが大事。

使用する部材や施工内容、費用などについて分からないことがある場合は業者に質問してください。

まとめ

Yチェアの修理はカール・ハンセン&サン社または家具修理のサービスを提供している業者に依頼することをおすすめします。

DIYの場合、Yチェアに関する知識や家具修理の技術などが必要です。

手間がかかったものの、上手くできない場合もあるかもしれません。

Yチェアを長く使い続けるためにも、大事に扱うことを意識しましょう。

また、リノベ・リフォームで家具を買い替えを検討している方は業者に一度相談してください。

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

Yチェアのサイズはどのくらい?!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

Yチェアのサイズはどのくらい?!

narita takashi
narita takashi
実はYチェアには2種類のサイズがあります

仕事や家事、食事などを行う際に欠かせない椅子。

椅子により、作業のしやすさが変わってきます。

リノベ・リフォームで家具を一通り揃えるのを機にYチェアを購入しようと考えている方もいるのではないでしょうか?

今回はYチェアのサイズについて紹介するので、新しい椅子が欲しい方は一度参考にしてください。

Yチェアのサイズ

Yチェアのサイズは以下の通り。

・座面の高さ:45cm
・トップまでの高さ:76cm
・アームまでの高さ:70cm
・幅:55cm
・奥行き:51cm

日本人の体型に合わせたYチェアも販売されています。
サイズは以下の通りです。

・座面の高さ:43cm
・トップまでの高さ:74cm
・アームまでの高さ:68cm
・幅:55cm
・奥行き:51cm

通常のサイズに比べ、座面の高さが2cm異なるのがポイント。

 

narita takashi
narita takashi
左側が座面高さ43cm右側が45cmです。小柄な方は43cmの方がいいかもしれませんね。

座面の高さや幅などのわずかな違いにより、使い心地が変わってきます。

人によっては通常のサイズと日本人の体型に合わせたサイズの両方を目にした方もいるのではないでしょうか?

Yチェアとはそもそも何か

Yチェアはデンマークのカール・ハンセン&サン社で製造されている椅子。

背面部分の支柱がYの字になっているのが特徴に挙げられます。

ウィッシュボーンチェアの愛称でも親しまれています。

製造数は数十万脚以上。

椅子のサイズの見方について

Yチェアなどの椅子を購入する際、1つ1つサイズをチェックすることになります。

家具選びに慣れていない方も多いのではないでしょうか?

ここでは、椅子のサイズの見方について説明します。

自分や家族の体型に合っているか

座面の高さや幅、奥行きが自分や家族の体型に合っているかどうかチェックし、購入するかどうか判断することが大事。

人によって体型が異なります。

自分は座り心地良くても、家族の体型に合っていない可能性も十分考えられます。

テーブルの高さがどのくらいか

椅子選びで重要になってくるのがテーブル。

テーブルの高さによっては椅子のアームが入らない可能性があります。

使用しているテーブルがYチェアのアームに入るかどうか把握することが大切です。

Yチェアは通常のサイズと日本人の体型に合わせたサイズで座面の高さやアームまでの高さが異なるので、テーブルの高さに適したサイズを選んでください。

テーブルの脚間がどのくらいか

テーブルの脚間により、Yチェアが何脚入るかが変わってくるので注意しましょう。

脚間によっては設置したい個数を設置できない可能性も出てきます。

Yチェアを購入する際はテーブルの脚間を踏まえ、何個設置するか検討してください。

クッションを置いた時に座り心地が良くなるか

Yチェアにクッションを置いた時の座り心地も意識する必要があります。

クッションの厚さにより、座面の高さが変わってきます。

Yチェアを購入する際はどのクッションと組み合わせるか一度検討したいところ。

幅や奥行きによってはYチェアに収まらないかもしれません。

Yチェア専用のクッションのサイズ

Yチェア専用のクッションが製造・販売されています。

リノベ・リフォームでYチェアを購入する際、Yチェア専用のクッションも一度チェックすることをおすすめします。

サイズは以下の通り。

・幅:49cm
・奥行き:39cm
・厚さ:3cm

クッションを置く際、Yチェア専用のクッションのサイズを参考にするのが大切です。

Yチェアなどの家具に関する悩みを業者に相談するのが大事

Yチェアなどの家具を選ぶ際、リノベ・リフォームのテーマやコンセプトに合っているかどうかが重要。

理想の空間づくりを行うためには、家具選びのセンスも求められます。

業者に家具に関する悩みを相談し、リノベ・リフォームを行うのがおすすめです。

最後に、家具選びのアドバイスを行う業者の選び方について紹介するので、気になる方は参考にしてください。

施工実績が豊富か

気になる業者を見つけたら、過去にどのような施工に携わってきたか一度チェックするのが大事。

工期や費用を把握し、依頼するかどうか判断しましょう。

どのようなスタッフが在籍しているか

業者に一体どのようなスタッフが在籍しているかも選ぶ決め手に挙げられます。

インテリアコーディネーターが在籍している業者も中には存在します。

Yチェアがリノベ・リフォームのテーマに合っているかどうかに加え、Yチェアに合わせるテーブルなどに関するアドバイスを受けてはいかがでしょうか?

見積もりの内容が分かりやすいかどうか

見積書の内容を踏まえ、契約を進めていくことになります。

どのような部材を用いているかだけでなく、施工内容や費用の内訳など、チェックする部分が複数存在します。

オーダーメイドの家具を設計するかどうか

Yチェアに合わせたいテーブルが見つからないなどの悩みを感じている方も多いのではないでしょうか?

業者によってはオーダーメイドの家具を設計する場合があります。

オーダーメイドの家具を設計するかどうかも依頼するかどうかの判断基準。

まとめ

Yチェアは通常のサイズと日本人の体型に合わせたサイズで座面の高さなどが異なります。

自分や家族の体型に合わせ、どちらのサイズを購入するか検討しましょう。

また、テーブルのサイズがYチェアに適しているかどうかも意識するポイント。

場合によっては、テーブルも買い替えることになるかもしれません。

インテリアコーディネーターが在籍している業者に家具選びのアドバイスを受け、リノベ・リフォームを進めてはいかがでしょうか?

 

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

Yチェアの座り心地はどうなの?!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

Yチェアの座り心地はどうなの?!

椅子を選ぶ上で座り心地が挙げられます。
座り心地の良し悪しにより、作業の行いやすさや痛みを感じるかどうかなどが変わってきます。
普段から使うことを考えると、座り心地の良い椅子を選ぶのが大事。

narita takashi
narita takashi
いくらかっこよくても座り心地の悪い椅子はダメですね

今回はYチェアの座り心地はどうなのかについて解説します。
リノベ・リフォームを機に新たに椅子を購入しようと考えている方は参考にしてください。

Yチェアの座り心地は人それぞれ違う

Yチェアの座り心地が良いと感じる方もいれば、悪いと感じる方もいます。
どの椅子においても感じ方に個人差があります。
リノベ・リフォームなどを機にYチェアを購入するかどうか迷っている場合、実際に座り心地を確かめるのが大事。

椅子の座り心地に関わるポイント

座り心地に関わるポイントとして、主に以下のものが挙げられます。

・座面のクッション性
・座面の高さ
・背もたれ
・アームの有無
・素材の肌触り
・普段の座り方

Yチェアに限らず、気になった椅子を見つけた際は一体どのような特徴があるのか細かくチェックし、購入するかどうか判断してください。
ここでは、座り心地に関わる主なポイントについて説明します。

座面のクッション性

座面のクッション性が優れているかどうかにより、座り心地が変わってきます。
ただ単に柔らかい座面を選べば良いわけではなく、姿勢が安定するかどうかが重要。

Yチェアの場合、座面にペーパーコードが用いられています。

narita takashi
narita takashi
このペーパーコードが適度なクッション性を生み出しています

お尻を包み込むような座り心地を感じられます。
毎日座ることでお尻の形に合わせて座面が変形するのが特徴。
自分の体型に馴染んだ椅子が欲しいと感じている方はYチェアを購入するかどうか一度検討してはいかがでしょうか?

座面の高さ

座面の高さによっては足が床につかない場合があります。
床に足をつけることにより、正しい姿勢を保ちやすくなるので、椅子を購入する際は座面の高さを意識しておきたいところ。

Yチェアは2つのサイズが存在しており、購入時はどちらのサイズが自分の体型に合っているかチェックすることが大切です。
通常のサイズが45cmなのに対し、日本人の体型に合わせたサイズは43cm。
2つのサイズの座り心地を確かめ、自分の体型に合ったサイズを購入してください。

背もたれ

背もたれは座り心地の良し悪しに関わってきます。
背もたれの角度や材質、形状は椅子によって異なります。
また、角度は作業の行いやすさやリラックスのしやすさに影響するので、気になる椅子を見つけた際は角度に問題ないか一度チェックしたいところ。

Yチェアは背もたれの形状がYの字になっているため、体重を預けた際に背中が痛くなりにくいです。

アームの有無

アームの有無はもちろん、どのくらいの高さかによって座り心地が変わります。
アームがあれば、体重を腕で支えることが可能。


結果、体の負担を軽減します。
立ち上がりや座る時の支えになるのもアームのついた椅子のメリットです。

narita takashi
narita takashi
Yチェアのアームの位置は絶妙です

Yチェアの場合、アームまでの高さが70cm。
アームに手を置き、体を預けられます。
椅子を購入する際はアームに体を預けられるかどうかも加味しましょう。
体を包み込むような形状はYチェアにおける魅力のひとつ。

普段の座り方

人によって座り方が異なります。
斜めに座る方もいれば、アームに肘をかける方などもいます。
普段、どのような座り方を行うかを踏まえ、Yチェアを購入するかどうか検討したいところ。
椅子の形状やサイズなどによっては普段行っている座り方ができないかもしれません。

Yチェアなどの椅子について業者に相談するのが大事

リノベ・リフォームのテーマに合った家具を揃えるためには、知識だけでなく、センスも重要。
家具選びに自信がないと感じている方も多いのではないでしょうか?

信頼できる業者に家具に関する相談を行い、Yチェアなどを購入するかどうか判断することをおすすめします。
最後に、リノベ・リフォームに携わる業者の選び方について説明するので、気になる方はチェックしてください。

家具に関する知識が豊富なスタッフが在籍しているか

業者によってはインテリアコーディネーターが在籍しているかもしれません。
リノベ・リフォームを機にYチェアなどの家具を揃える際は家具について適切なアドバイスを行うスタッフが在籍しているかどうかチェックしたいところ。

家具選びに同行するか

業者によっては家具屋に同行する場合があります。
家具屋でアドバイスを受け、住宅に合った家具を購入してください。

施工実績が豊富かどうか

公式サイトなどで過去の施工事例をチェックし、依頼するかどうか判断するのも大切です。
口コミで依頼人がどのような点に満足しているかなども判断材料に挙げられます。

Yチェアに合った造形家具を作成するか

Yチェアを購入する際、既存のテーブルの高さに合っているかどうかなども意識したいところ。
人によってはオーダーメイドの家具が欲しいと感じているのではないでしょうか?

Yチェアやリノベ・リフォームのテーマに合った造形家具を作成するかどうかも依頼するかどうかの決め手です。

見積書の内容

見積書に一体どのような記載があるかも契約を進めるかどうかのポイント。
費用の内訳はもちろん、使用する部材や施工内容を押さえておく必要があります。
業者に見積書の内容を質問し、リノベ・リフォームに関する疑問を解消してください。

まとめ

Yチェアは座面の高さやアームまでの高さ、アームの形状、座面に用いられている素材など、1つ1つにこだわりが詰まった椅子。
座り心地は人によって違います。
気になる方は一度座り心地を確かめてみてはいかがでしょうか?

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

Yチェア購入の際、失敗しない方法とは?!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

Yチェア購入の際、失敗しない方法とは?!

Yチェアは多くの方に愛されている北欧家具のひとつです。


リノベ・リフォームなどを機にYチェアを購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか?
家具の購入で失敗しないためにも、ポイントを何点か押さえることが大事。

narita takashi
narita takashi
みんな大好き「Yチェア」についてです

今回は、Yチェアの購入で失敗しないための方法について解説します。
家具について関心のある方は参考にしてください。

Yチェアの購入で失敗しないための方法

Yチェアの購入で失敗しないための方法として、以下のものが挙げられます。

・住宅のテーマやコンセプトに合っているかどうか判断する
・Yチェアのサイズを調べる
・使用しているテーブルのサイズを測る
・後ろに引くスペースがあるかどうか調べる
・実際に座り心地を確かめる
・信頼できる家具店で購入する

narita takashi
narita takashi
テーブル天板の高さによってはテーブル下には入らないのでご注意下さい。

家具を購入するためにはある程度の費用がかかるので、使い心地の良さなどを意識しておきたいところ。
まずは、Yチェアの購入で失敗しないための方法について説明します。

住宅のテーマやコンセプトに合っているかどうか判断する

家具を購入する上で重要なもののひとつに住宅のテーマ・コンセプトが挙げられます。
椅子によって室内の印象が大きく変わるので、Yチェアが住宅のテーマやコンセプトに合っているかどうか一度判断することが大事。

リノベ・リフォームで住宅の雰囲気を大きく変える際もどのようなテーマやコンセプトにするか意識する必要があります。

Yチェアのサイズを調べる

Yチェアのサイズが自分や家族の体型に合っているかどうか一度調べておきたいところ。
椅子の購入で失敗する原因のひとつにサイズが挙げられます。

Yチェアの場合、幅が55cmなのに対し、奥行きは51cm。
座面の高さは45cmです。
トップまでの高さは76cmになっているので、現在使っている椅子とサイズを比較してください。

日本人の体型に合わせたサイズも存在しているので、通常のサイズでは大きい・小さいと感じた際は一度チェックすることをおすすめします。

使用しているテーブルのサイズを測る

使用しているテーブルのサイズを測り、Yチェアを設置しても問題ないか把握するのも家具選び失敗しないためのポイント。
高さだけでなく、幅や奥行きもチェックする必要があります。
テーブルのサイズによって、Yチェアの使い心地が変わってきます。

後ろに引くスペースがあるかどうか調べる

アームをテーブルの下に入れてしまうと、傷ついてしまうので注意してください。
テーブルでアームが擦れないかどうかもYチェアを購入するかどうかの決め手です。
後ろに引けるだけのスペースを確保するためにテーブルの場所を移動させる必要があるかもしれません。

リノベ・リフォームで間取りを変える際、リビングなどの広さをどのくらいにするか一度検討することをおすすめします。

実際に座り心地を確かめる

実際に座り心地を確かめるのもYチェアの購入で失敗しない方法。
椅子によって座り心地が異なります。

narita takashi
narita takashi
ペーパーコード座面の座り心地は最高です。

写真だけで購入するかどうか判断するのは避けましょう。

信頼できる家具屋で購入する

信頼できる家具屋を利用するのもYチェアの購入で失敗しないための方法です。
家具を購入する際、どこを利用するかが重要。
気になる家具屋を見つけたら、品揃えだけでなく、口コミを一度チェックすることをおすすめします。

近くに家具屋が無い場合、通販サイトを利用することになります。
通販サイトでは、実物を目にすることができない点に注意が必要。
中古のYチェアを購入する際は状態に関する記載を細かくチェックしましょう。

Yチェアなどの家具について業者からアドバイスを受けるのが大事

リノベ・リフォームなどを機に、家具を新たに揃え直したいけど、どれを選べば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか?
数ある家具の中から住宅の雰囲気に合った物を選ぶことが大切です。

信頼できる業者にリノベ・リフォームのテーマやコンセプトだけでなく、家具に関する適切なアドバイスを受けましょう。
最後に、業者選びのポイントについて紹介するので、気になる方は参考にしてください。

業者の種類

リノベ・リフォームに携わっている業者は多岐にわたります。
リフォーム会社だけでなく、工務店や設計事務所などもリノベ・リフォームを行っています。
各業者の特徴をチェックし、どこに依頼するか決めてください。

過去にどのような施工実績があるか

気になる業者を見つけたら、過去にどのようなリノベ・リフォームに携わったかチェックすることが大切。
写真や工期、費用などをチェックし、納得のいく施工を行うかどうか判断してください。
また、口コミでスタッフの対応などを把握することをおすすめします。

見積書が分かりやすいかどうか

見積書の内容を踏まえ、契約を進めていくことになります。
どのような部材を用いるかはもちろん、部材の量や施工内容、費用などをチェックするのが大事。

業者に見積書に関する質問を行い、リノベ・リフォームに関する疑問を解消しましょう。
分からないことをそのままにしておくと、リノベ・リフォームでトラブルが発生してしまうかもしれません。

インテリアコーディネーターが在籍しているか

家具に関する知識が豊富なスタッフが在籍しているかどうかも選ぶ決め手。
業者によってはインテリアコーディネーターが在籍しています。

まとめ

どの家具を設置するかにより、室内の印象が変わります。
Yチェアの購入で失敗しないためには、リノベ・リフォームのテーマやコンセプトに合っているかどうかが重要。

また、信頼できる家具屋を利用するのもYチェアの購入で失敗しないポイントに挙げられます。
家具を新たに揃える必要がある場合、家族や業者に相談し、どの家具を購入するか決めましょう。

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

ヤコブセンのAJシリーズってどんな照明?!|湘南平塚・iraka-renovation|リノベ専門

ヤコブセンのAJシリーズってどんな照明?!

リノベ・リフォームを機に、照明を新たに購入したいと感じている方も多いのではないでしょうか?
照明は室内の雰囲気に大きく関わる家具のひとつ。

数多くの照明の中から自分に合った物を選ぶのがリノベ・リフォームを成功させる上で重要になってきます。
今回はヤコブセンのAJシリーズについて解説します。

ヤコブセンとは

ヤコブセンはデンマーク出身のデザイナー。
世界中のデザイナーや建築家に影響を与えたことで有名です。
照明だけでなく、家具や時計、カトラリーのデザインにも携わっています。
デンマークデザインの父と呼ばれており、モダンな北欧デザインの原型を作り上げた人物。

ヤコブセンが作ったAJシリーズとは

AJシリーズは1960年に既製品化された照明。
フロアランプ・ウォールランプ・テーブルランプなどがあります。

AJシリーズの特徴

AJシリーズには、一体どのような特徴があるか気になっている方も多いのではないでしょうか?
主な特徴として、以下のものが挙げられます。

・スタイリッシュなフォルム
・和室にも合わせやすい
・必要な方向に光を向けられる
・豊富なカラーバリエーション
・柔らかい光を発する

これから、照明を新たに購入しようと考えているために各特徴について解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

スタイリッシュなフォルム

シンプルかつスタイリッシュなフォルムに仕上がっているのが特徴に挙げられます。
線や角度、円、円柱を相互作用させたデザインは多くの方に親しまれています。

和室にも合わせやすい

デザインがシンプルなため、洋室だけでなく、和室にも合わせやすいのもAJシリーズの魅力。
北欧スタイルのリノベ・リフォームだけでなく、和をテーマにした空間づくりを検討している方もAJシリーズを一度チェックしてはいかがでしょうか?

必要な方向に光を向けられる

AJシリーズは可動性に優れているのも特徴のひとつ。
必要な方向に光を向け、室内の雰囲気を演出することが可能です。

豊富なカラーバリエーション

カラーバリエーションが豊富なのも特徴に挙げられます。
リノベ・リフォームのテーマやコンセプトに合った色を選び、空間づくりを進めましょう。

柔らかい光を発する

AJシリーズは内側を白く塗装することにより、柔らかい光を発するように仕上げているのもポイント。
光の強さも室内の雰囲気に大きく関わってきます。

AJシリーズを取り入れる際のポイント

リノベ・リフォームを機にAJシリーズを設置したいと感じている方も多いのではないでしょうか?
ここでは、設置時のポイントについて解説します。

リノベ・リフォームのテーマは何か

AJシリーズに限らず、どの照明においてもリノベ・リフォームのテーマに合っているかどうかが重要。
理想の空間づくりを成功させるためにも、家族と相談してリノベ・リフォームのテーマを決めていきましょう。

どこに設置するか

設置場所も照明を新たに購入する上で意識したいところ。
AJシリーズをどこに設置するかにより、室内の雰囲気が変わります。

何に光を当てるか

何に光を当てるかもAJシリーズを設置する上で重要になってきます。
細かい作業を行い場合はウォールランプで机を照らし、手元を見やすくするのが大切。
美術品などを目立たせるためにどの角度に光を当てる必要があるかなどを検討し、室内のレイアウトを決めることをおすすめします。

照明について業者に相談するのが大事

AJシリーズなどの照明を設置する際、信頼できる業者に相談し、リノベ・リフォームの方向性を決めることが重要です。
最後に、業者選びのポイントについて紹介するので、情報収集を行う際の参考にしてください。

デザイナーやインテリアコーディネーターが在籍しているか

リノベ・リフォームを成功させるために在籍しているスタッフを一度チェックしておきたいところ。
業者によっては、デザイナーやインテリアコーディネーターが在籍しています。

デザインにこだわっている方はリフォーム店や工務店だけでなく、設計事務所をチェックすることをおすすめします。

過去にどのような施工実績があるか

過去の施工事例も依頼するかどうかの決め手。
施工の内容だけでなく、工期や費用などを把握することができます。
どのような賞を受賞しているかに加え、創業年と設立年もチェックすることが大切です。

見積もり内容が正確かどうか

トラブルを避けるためにも、見積もり内容に関する疑問を解消してください。
どのような施工を行うかだけでなく、リノベ・リフォームに用いる木材などについて把握しておきたいところ。
分からないことがある際は業者に質問することをおすすめします。

まとめ

ヤコブセンのAJシリーズはシンプルなデザインなので、和室にも合わせやすいです。
可動性に優れているのに加え、カラーバリエーションが豊富なのも魅力。
設置を検討している方はリノベ・リフォームのテーマやコンセプトに合っているかどうか検討しましょう。

照明選びのセンスに自信がないと感じている方は業者に一度相談し、照明に関するアドバイスを頂きたいところ。
リノベ・リフォームの不安を解消し、理想の空間づくりを進めてください。

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市・鎌倉市でマンションリノベーションのご相談はこちらまで

この記事を書いた人

成田 崇

住宅関係の仕事に20年以上従事。

趣味の海外旅行先で

「日本住宅の雰囲気なの無さ」に気づき

豊かに暮らせる空間とは?!と考え始める。

ホンモノの素材を使い豊かに暮らせる生活を提案しています。

irakaのリノベーション工事施工得意エリア

平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横浜市・厚木市・秦野市・小田原市・大磯町・二宮町・大井町・海老名市・大和市・綾瀬市・座間市・清川村・愛川町・相模原市・寒川町

 

人気の投稿